本文へスキップ

ようこそ祐誠高等学校 機械科のホームページへ

機械科とはABOUT MECHANICAL COURSE


機械科の合格実績!





祐誠高等学校 機械科とは・・・?

あらゆるステージで活躍できる、真のエンジニアを育成します。

機械科の教育目標 
あらゆる製品は、多くの部品から構成されています。つまり優れた製品は、精巧につくられた部品が組み合わされて生まれるのです。
本学科では、優れた部品をつくりだす技術者育成のため、知識と技術がしっかりと身に付くカリキュラムを用意。実習を中心とした授業で、技術検定にも積極的に推奨し資格取得に向けて全力でサポートします。
  

「ものづくり」で育てる即戦力。実習中心のカリキュラムだから、楽しみながら技術が身に付く。 
 未来の工業界を担う人材を、金属加工主体の「ものづくり」によって育成します。実習では、部品を製作するための図面製作(設計・製図3次元製図)、金属を溶かして形を作り上げる「鋳造法」、結合して形を作る「溶接法」、削ることで形を出す「研削法」。そして製品各部のマザーとなる金型の加工(マシニングセンターの加工)など、エンジニアに必要な専門知識と技術を総合的に学んでいきます。  

学年ごとの教育目標
 1


・基本的な図面が書けること。
・基本的な図面が読めること。
・旋盤(せんばん)の取り扱いができ、簡単な製品が作れること。
・鋳造(ちゅうぞう)という方法で製品が作れること。
・ガス溶接ができること。
・ノギスやマイクロメーターなどの専門的な計測機器が使えること。
  
 2


・電気(アーク)溶接ができること。
・旋盤でおおむね精度の高い製品が作れること。誤差±0.1mm以内
・パソコンの操作ができること。
・教養B ものづくり/ボイラー/危険物取扱者試験/大学講義他
・CAD(キャド)が使えること。
 3


 ・CAD(キャド)を使って図面が書けること。
・旋盤で精度の高い製品が作れること。誤差±0.02mm以内
・NC(エヌシー)旋盤の取り扱いができること。
・MC(マシニング)の取り扱いができること。
・これまでに学んだ機械技術を用いて、製品が作れること。

STUDENT'S VOICE  

「私はものづくりが大好きで、この機械科を選びました。」
 機械科ではたくさんの資格を取る事ができるので、この3年間で色々な資格を取得し、希望する会社に就職したいです。運動部にも所属しているので、練習もがんばっていい成績を残したいと思っています。
 これからも、学校生活を大いに楽しみ、友達もたくさん作り、有意義に過ごしていきたいです。
    機械科1年Y・Sくん (F島中出身)

PICK UP POINT

 「2級・3級普通旋盤技能士・第二種電気工事士などの国家資格取得を目指しています。」

機械科では、社会に出て即戦力になれるよう、2級・3級普通旋盤技能士・第二種電気工事士などの国家資格取得を目指して、実習を行っています。実習において一番大事な安全教育や、機械の使い方、測定の方法などもしっかり学ぶことができます。いま、授業では3級普通旋盤技能士検定の合格を目指して、百分の1ミリの世界に挑戦し、製品を0.01ミリ単位の寸法公差内に作り上げ、制限時間内に終わるという高い技術を身に付けようとしています。技術を習得するということは厳しい練習の繰り返しです。この練習に慣れるため、生徒間がお互いに支え合い、励まし合いながら頑張っています。

祐誠高等学校 機械科

所在地
〒830-0052
福岡県久留米市上津町2192

TEL 0942-22-1238
FAX 0942-22-1239

詳細地図はこちらから