本文へスキップ
土木探訪 知、術、
 
QRコード 携帯版サイトもご利用ください
← QRコード
 
土木探訪
        
 眼鏡橋 と 坂本龍馬像(風頭公園内)  (長崎県長崎市)   重要文化財
 《眼鏡橋》
17世紀、長崎の町並みは拡大され護岸が構築され、ほぼ現在の中島川が形づくられました。このころは、キリスト教禁教の時代であり、唐文化の導入により興福寺などの仏寺が次々と建立されました。
寛永11年(1634)、興福寺の黙子如定禅師が架設したこの眼鏡橋は、長さ22m、幅3.65m、川面までの高さ5.46mで日本初のアーチ式石橋として有名です。
川面に映った影が双円を描くためこの名前がついたと言われ、『日本橋』『錦帯橋』と並び日本3名橋に数えられました。
昭和57年(1982)の長崎大水害で一部崩壊しましたが翌年復元されました。国指定重要文化財。
《坂本龍馬像》
幕末、近代日本の夜明けのために奔走した英雄、坂本龍馬の銅像がこの公園内に建立されています。
公園は長崎の港を見下ろす風頭山にあり、近くには龍馬が日本で最初に作った貿易商社である亀山社中跡や写真の元祖上野彦馬の墓、長崎のハタ(凧)資料館もあり、歴史探訪路の一部になっています。
亀山社中跡では、亀山社中記念館があり、建物内には幕末期の長崎の様子や亀山社中とかかわりが深い人物に関する資料が展示されています。(参考:ながさき旅ネット

実は長崎市は祐誠高校土木科にとって、とてもお世話になった方が住む町です。そんなことからも写真をたくさんUPして見ました。いい町ですね!
 
 
 旧九州鉄道城山三連橋梁(福岡県筑紫野市大字永岡) 国登録文化財
 旧九州鉄道城山三連橋梁は、ドイツ人技師へルマン・ルムシュッテルの指導で建設された、1889(明治22)年竣工の九州で最も早い時期に造られた鉄道橋梁です。長さ約25m、幅約5m、高さ約5mの堅固な赤煉瓦造の三連アーチ式で、煉瓦はシンプルなイギリス積みで積まれています。当時、日本に輸入された西洋文明の面影を今に伝えている貴重な橋梁です。
橋梁の北側には仮塚峠があり、ここは水平方向1000mにつき22.5m上がる急勾配で重い貨車を引く機関車があえぎながら坂を上がっていました。しばしば上がりきれなくなって、かなり後方まで後退し、勢いをつけ直して上がっていたということです。
1920(大正9)年には、鉄道の複線化に伴い仮塚峠を避けるルートに変更されたため、鉄道橋梁としては使用されなくなりました。現在は、市道の橋梁として人々に親しまれ、往時を偲ばせています。(参考:福岡・ふるさとの歴史再発見HP土木遺産in九州HP(社)九州建設弘済会)
 
 
 石井樋(いしいび)  佐賀県佐賀市大和町尼寺(石井樋公園内)
佐賀市大和町の嘉瀬川と田布施川の分岐点にある「石井樋」は、治水の神様といわれた武士、成富兵庫茂安の指導により、約400年前の元和年間(1615-1623)に造られた取水施設(水を川から取るための施設)です。取水された水は佐賀城下の生活用水と農業用水として使われました。また、流域を水害から守る働きを持っていました。公園内には、大井手堰、象の鼻、天狗の鼻、出鼻、石井樋、二ノ手堰などがあり、当時の石積みも数多く残っています。これらの貴重な土木施設は、平成17年に石井樋地区歴史的水辺整備事業により復元されました。公園内の「さが水ものがたり館」では、兵庫の業績や佐賀平野と水などについてジオラマや映像で学ぶことができます。 (参考:佐賀県HPさが水ものがたり館HP)