全国工業高校校長会が主催する大会で、工業高校で学ぶ生徒諸君の「技術向上と、ものづくり」の人材を育成する大会です。県予選、九州予選、全国大会へと続く大会で、祐誠高校自動車科は「自動車整備部門」への参加をしています。
 




























サウンドスコープによる
インジェクタの作動チェック


3位入賞を果たした

自動車科2年1組 山下 涼太 君(広川中出身)

シリンダの内径測定

リヤホイールを
外しているところ

車体をジャッキアップ中

3位の盾

トヨタのエンジン 4A-FE

エンジン故障診断の会場

自動車実務研究部員
(会場の外で)
前年度(H21年度)は3年の江崎君(八女西中出身、「県立久留米高等技術専門校」に進学)が見事3位に入賞した「ものづくりコンテスト 自動車整備部門」。今年度は優勝してリベンジを果たすべく、前年度も活躍した3年國武 宏文君(青陵中出身)と、期待のホープ2年山下 涼太君(広川中出身)が今大会に挑みました。大会は6月13日(日)、北九州市内の専門学校『昴学園自動車大学校』で行われました。
 大会は3級ガソリン・シャシ自動車整備士(学科)、定期点検(トヨタ [レビンAE111])、測定作業、エンジン故障診断作業(トヨタ 4A-FE)となっていました。、エントリーした2名は共に3級ガソリン・シャシ自動車整備士(学科)で高得点をとり、他の課題でも着実に得点を伸ばしていきました。中でも2年の山下君は定期点検(トヨタ [レビンAE111])エンジン故障診断作業(トヨタ 4A-FE)でも高得点を獲得し、見事!2年連続3位入賞を果たすことができました。
 今大会が最後の大会となった3年の國武君も定期点検(トヨタ [レビンAE111])で高得点をマークし、7位という素晴らしい結果に終わった。
 3位入賞を果たした2年の山下君。3年生となる来年は優勝を期待しています。



平成21年度 「ものづくりコンテスト 自動車整備部門」福岡県大会にて3位を獲得!!


自動車科 3年1組 江崎 貴将 君(八女西)
 平成18年度、19年度と2年連続で福岡県大会において優勝し、九州大会でも2年連続優秀賞を受賞している祐誠高校自動車科。当然他校のマークが厳しくなる中、平成21年度の「ものづくりコンテスト自動車整備部門大会」が6月14日(日)に福岡市内にある『麻生工科自動車大学校』で行われました。
 自動車科からは自動車実務研究部の「3年 江崎 貴将 君」(八女西)、「2年 國武 宏文 君」(青陵)がエントリーしました。今大会が最後の出場となった3年の江崎君は、3級ガソリン・シャシ自動車整備士(学科)、定期点検(H17年式カローラ)で最高得点をマークし、測定作業、エンジン故障診断作業(日産GA-15DE)でも確実に得点を伸ばし、堂々の3位入賞を果たしました。優勝こそ逃したものの、終始大きな声を出し、テキパキと難問に挑んでいった江崎君の姿を2年、1年の後輩諸君がしっかりとその目に焼き付けていた。



平成18年度、19年度と2年連続で福岡県大会において優勝し、九州大会でも2年連続優秀賞を受賞しました。

Copyright©2013 YUSEI High School Automotive Course.